小さく楽に暮らす

ブログ開設のごあいさつ

こんにちは。「小さく楽に豊かに暮らす」ダウンサイジングの専門家、整理収納アドバイザー×司法書士の長谷川絹子です。

年をとり、家族がへった大きな家を維持して住み続ける。

きっと、世の多くの人がその大変さを理解しているはずです。

階段や段差が危ない、掃除がめんどう、1人で住んでるのに電気代が高い、あちこち修理やリフォームが必要・・・

40代~60代の方であれば「実家で暮らす親がいつも心配でしょうがない」という会話も増えつつあるのではないでしょうか。

司法書士という仕事

私は2011年から司法書士の職についています。

司法書士は、法務局や裁判所へ出す書類の作成をはじめとする法律事務の専門家です。

法律事務の中でも、不動産の売買や相続の仕事にかかわる登記業務がメインとなります。

また最近では、認知症などにより判断能力の衰えた方の代理人となる「成年後見業務」や、いわゆる終活となる遺言書作成など、シニア世代をサポートとする業務も増えています。

私は司法書士として「不動産」や「シニア世代」とかかわる中で、数多くの家族をみてきました。

家は守るべきという価値観

司法書士の仕事をしてきて知ったのは「今の家を守る」という義務感、「家を手放すことは悪いこと」という罪悪感が、時には最適とはいえない選択を導いてしまうことがあるということです。

ここでいう家というのは、家族の歴史を積み重ねてきた持ち家のことです。

多額の借金があるのに家を守るために破産手続きをあきらめたり、家を守るために相続争いがおきてしまうということを見てきました。

相続登記はしたけれど「誰もすむ予定はないが、しばらく売るつもりもない」というのは、「生まれ育った家は手放してはいけない」という罪悪感からくる対応ではないでしょうか。

人生100年、新しい時代の到来

「家を守る」という価値観を否定する気はありません。

絶対に最後まで今の家で暮らしたいと心から願っている人もいます。

代々で守らなくてはいけない家、守るべき家もあります。

一方で、今は人生100年時代の核家族社会。

世代交代の周期が長く、次の世代は新しい家を持っており、都市部では土地や家は下の世代が受け継ぐものでなくなりつつあります。

マイホームを守り続けるということがご自身や家族の幸せとつながっていないケースが、時代の変化に伴いこれから増えていくのではないでしょうか。

高齢になってから環境をかえることは難しい

司法書士の仕事では、実に多くの「別居する高齢者を支える方」にお会いします。

高齢化社会・核家族社会ゆえの事象でしょう。

もう少し近くに住んでいれば、もう少し便利な場所に住んでいれば、安全でコンパクトな住まいであれば、サポートするのもきっと楽だろうにというケースもしばしば。

しかしながら、高齢になり住み替えを決心できる人は稀です。

年齢を重ねるとどうしても「新しい環境に対する拒否感」や「現状維持」の気持ちが強くなります。

身体能力が衰えつつある人であれば、住み慣れた家を離れることは恐怖をも感じることでしょう。

家族や親族もそれをわかっているからこそ、親愛なる人が最期まで今の家で過ごせるために、時には自分の生活や時間を犠牲にしてでもサポートを続けているのです。

私とみんなが楽な暮らしを探してみませんか?

こうして司法書士として多くの家族をみてきて思うことは、シニア世代になる前の住み替えすることが珍しくなくなれば老後のために今の家を手放すことは悪いことではないという価値感が育てば、今よりも楽な気持ちで暮らせる人が増えるのではということです。

苦労を尊び、楽を嫌う日本の文化。

家族の思い出の詰まった家を保つ苦労や我慢をしないで、私が楽な暮らしを選ぶことに抵抗を感じる人もいるでしょう。

でも、楽なことは悪いことでしょうか?

楽で安心な暮らしは、離れて暮らす家族や親族の心も穏やかにするものです。

「自分のために・愛する人たちのために、思い切って住まいを考えなおしてみようかな!?」

そんな方の背中を押すことがこのブログを通じてできたらいいなと思っております。

 

 

【初回限定】住まいのダウンサイジング相談

  • どんどん物が増えるばかりの空き部屋が気になっている
  • 家が広すぎると感じているがどうすればよいのか
  • 老後にそなえたコンパクトな住まい探しの相談相手がほしい
今のご状況やお悩みご希望をお聞きして、コンパクトな暮らしを実現するための課題解決アドバイスをおこないます。

来所またはオンライン

3300円(税込)/60分

ご自宅へ出張訪問

6600円(税込)/60分 +交通費実費
現役司法書士である女性整理収納アドバイザー本人が対応・訪問しますので、女性のおひとり暮らしの方も安心してご相談いただけます。ご依頼を前提としない、単発のご相談も歓迎ですのでお気軽にお問合せ下さい。

お問合せはこちら

-小さく楽に暮らす